偏頭痛 前兆

偏頭痛の前兆

成人の8%が偏頭痛を患っていて、そのうち20%の方には発作前の前兆があります。

 

もっとも特徴的な前兆は「閃輝暗点」という症状。「せんきあんてん」と読みます。

 

視界内にチカチカとした光が現れて、拡大していきます。拡大するにつれ、光以外のところは暗く、見えにくくなります。

 

この前兆が起こると、約1時間以内に発作が起こるケースが多いようです。

 

見た感じのイメージはこんな感じ。

 

Scintillating scotoma

 

動画化したひともいます。

 

 

前兆が起こっている間は、視界が極端に狭くなるので、車の運転などをしている場合は、すぐにでも運転をやめてください。

 

痛みが襲ってくる前に準備ができるので、メリット…というか、不幸中の幸いと言えるかも知れないですね。

 

閃輝暗点以外の前兆

閃輝暗点以外の前兆には、以下があります。

 

  • 首筋や肩のハリ
  • 生あくび
  • 痛くなりそうな予感
  • 軽めの頭痛

 

レアなケースだと、こんなのもあります。

 

  • お腹が張る
  • 吐き気がする
  • やたら食欲がわく

 

前兆なしのケースもあるかも知れませんが、ほとんどの場合、偏頭痛の発作前に、何らかの前兆を感じているのだとか。

 

「そういえば、痛くなる前はいつも生あくびが出るな…」など、ご自身の前兆のパターンを把握しておくと、頭痛が起こる前にある程度の対処が出来て良いかも。

 

頭痛がないのに閃輝暗点

 

なお、まれに頭痛が伴わない閃輝暗点を起こす人がいるようですが、その場合はもっと深刻。脳に何らかの異常が出ているかも?。早めに病院に行きましょう。

 

当サイト管理人は、どうにもならない状態になって、救急車で運ばれました。

 

救急車で運ばれたらどんな感じなのか、
どういう応急処置をされるのか、
どういう薬が処方されるのか、

 

知りたいあなたは、チェックしてみてください。

 

参考)偏頭痛で救急車に運ばれた話